オリックス銀行カードローン利用時に発生する利息

どのカードローンでもお金を借りれば返済時に利息が発生し、オリックス銀行カードローンでも金利や借り入れ金額、期間に応じて利息の支払いが必要となります。オリックス銀行カードローンは金利が業界最低水準といわれていますが、それでも借りるにあたっては利息の計算はしっかりと行っておかなければなりません。

 

借りたお金を返せば良いとだけ考えると返済の計画で大きく失敗をする可能性があり、思っているよりも返済が進まないなどの事態に陥る可能性もあります。そうならないためにも、オリックス銀行カードローンを利用する際には金利と利息に注意をし、なるべく負担にならないような借り方、使い方を進めるようにしてください。

 

 

利息を計算してカードローンを使う

カードローンを使うときには、しっかりと利息を計算しなくてはいけません。そうしないと、無駄な借金を増やしてしまうことになります。基本的に、カードローンの利息は利息制限法という法律によって一定で決まっています。これは全てのサービスに対して当てはまることであるため計算はあまり難しくありません。

 

利息制限法は、融資の金額に従ってその上限が変化する特徴があります。具体的には、10万円未満の融資ならば20%、10万円以上の融資ならば18%、そして100万円以上の大きな融資になれば15%など最初から法律で具体的に決められています。

 

なぜこのような分類になるのかというと、一般的にカードローンの融資金額が大きくなればなるほど利息の負担はそれに伴って増加する傾向にあるからです。例えば、10万円未満と100万円以上の融資を考えた場合、同じ利息を設定することが必ずしも公平な融資になるとは限りません。

 

前者ではわずか数万円程度の負担にしかなりませんが、後者に関しては数十万円という負担になります。そのため、消費者が利用しやすいように融資金額の負担の増加とともに利息の負担は減らすようにしているのです。

 

カードローンの利息の計算は、このような観点から成り立っているため何も難しくありません。

 

オリックス銀行カードローンの利息も金利によって決まる部分が大きいので、金利自体が低くなる大きな限度額での借り入れなら、負担も抑えられます。限度額と金利の詳しい関係性についてはオリックス銀行カードローンの金利負担で見ておくと、申し込み時に役立つでしょう。

 

パートやアルバイトでも大丈夫なカードローン

カードローンは困ったときの助け舟として有効ですが、借りるためには審査が当然有ります。そこで困ったことにはパートやアルバイトといった仕事に就いている場合には審査がどうなるのかという点です。

 

パートやアルバイトである場合には一般的な消費者金融系のカードローンが審査において通る可能性があります。他の銀行系などはかなりしっかとした職種や年収を条件に出されますが、この手の消費者金融系のカードローンの条件は「18歳以上で一定の収入がある」という基本的な条件に合っていれば審査自体は受けられます。

 

また、消費者金融系のカードローンについては借り入れ限度額が一定を超えるまでは収入証明が不要となるところも多く、そのためにパートやアルバイトでも申し込みが出来るようになっています。しかし仕事の収入上として限度額が低くなってしまうことが予測されるので注意しましょう。

 

有名どころならばアコムやプロミスなどが数多くのパートやアルバイトが借り入れに無事成功しています。さらに近年では楽天銀行のカードローンも審査が厳しくないとのことで有名になってきています。もちろん借りる限度額が低くても、消費者金融系の金利はやや高めとなっているのでご利用は計画的に考えましょう。

 

プロミスの利用を考えるなら

プロミスは消費者金融の中でも大手のサービスとなり、素早い借り入れが出来ると評判のカードローンです。申し込みから借り入れまでも最短即日での対応も可能となり、ネット申し込み後の契約機での手続きなら、土日でも当日中にカードが受け取れます。

 

契約機の情報や手続きの進め方、覚えておきたいポイントは練馬区のプロミス審査で見ておくと良いでしょう。